よくわかるe-Tax入門

パソコンを準備しよう!

e-Taxは、利用者の方が使用するパソコンと国税庁の受付システムがインターネットで申告等データをやり取りすることを前提としています。
したがって、e-Taxの利用に当たっては、インターネット・サービス・プロバイダとの契約などを含め、インターネットが利用できる環境が必要となります。

(注)Microsoft Windows Vista及びMicrosoft Internet Explorer 7をご利用の方は、事前に以下の事項をご確認の上、e-Taxをご利用ください。

Microsoft Windows 7、Vista及びInternet Explorer 7以降をご利用の場合の留意事項

e-Taxソフトを使用する際に必要なパソコンの推奨環境
ハードウェア CPU:MMX Pentium 266 MHz以上(又はその相当品)
メモリ:96MB以上
ハードディスクドライブ(HDD):2GB以上の空きエリア
画面解像度:1024 × 768 以上
オペレーティングシステム(OS) 次のいずれかを推奨しています。また、いずれも日本語対応版であることが必要です。
・Microsoft Windows 2000 Professional
・Microsoft Windows XP
・Microsoft Windows Vista(注)
WWWブラウザ ・Microsoft Internet Explorer 6
・Microsoft Internet Explorer 7(注)

電子証明書を取得しよう

e-Taxでは、インターネットを利用してやりとりするデータについて、電子証明書及び電子署名を用いて、以下の2点を確認しています。
1.そのデータの作成者が誰であるのか
2.送信されたデータが改ざんされていないこと
つまり、インターネットを利用したデータのやりとりにおいて、免許証やパスポートのような本人確認の役割を果たすものが電子証明書であり、データの真正性を保証するために必要なものが電子署名なのです。

電子証明書発機関一覧はこちら(国税庁ホームページへ)

ルート証明書をインストールしよう

e-Taxのご利用に当たっては、ご使用のパソコンに政府共用認証局(官職認証局)と政府共用認証局(アプリケーション認証局)のルート証明書をインストールする必要があります。
ルート証明書をまだインストールされていない方は、インストーラをダウンロードし、インストールしてください。

ルート証明書インストールはこちら(ページ中段をご覧下さい)

e-Taxソフトをインストールしよう

e-Taxを行うには、専用のソフトが必要です。インストーラをダウンロードし、インストールしてください。

e-Taxソフトインストールはこちら(ページ下段をご覧下さい)
  • e-Taxって何?
  • メリットって何?
  • ダイレクト納付って何?
  • e-Taxの流れ
  • 事前準備をしよう!
  • 電子申告開始(紙)
  • 電子申告開始(オンライン)
  • 源泉所得税の申告
  • トップページ
  • 町田法人会のWEBサイト
Copyright©2009 Hojinkai Machida All Right Reserved.